この記事は最終更新日から2年以上が経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

MacでNASとか使ってると.AppleDoubleとかいう不可視ファイルが勝手に出来ます。
ずっと同じ場所で使う分にはいいんですけど、階層が深くなってるようなフォルダを丸ごと外部にコピーとかするときとかに凄く困ります。
そんな時はターミナルを使って.AppleDoubleをまとめて消してしまいましょう。


方法としては、別に難しいことはなくて、下記の通りごく単純なコマンドを二行ほど打つだけです。

まず「cd 」と入力し、その後ろに.AppleDoubleを削除するディレクトリのパスを入れます。パスは当該フォルダをドラッグするだけで入力できます。 例:cd /Volumes/share/folder これでエンターを押します。

その後はfind . -name .AppleDouble -exec rm -rf {} \;を入力してエンターを押下すれば良いだけです。
ファイルの多さにより若干時間がかかる場合があります。