この記事は最終更新日から2年以上が経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

WordPressカスタムフィールドの使い方に関するメモ。

Custom Field Templateの初期値について
Custom Field Templateのdefaultオプションは、TEMPLATE #0でないと反映してくれません。
もしかしたら私のWordPressだけなのかもしれませんが……。
自動改行させる方法
<br />とか大抵のクライアントさんは分からないし、分かっててもイチイチ入れるのめんどくさいって言う人が殆どなんで、こっちで設定しなければ行けません。
nl2br()関数を使うのが常道ですが、TinyMCEを使ってるならStop removing the and tags when saving and show them in the HTML editorのチェックボックスにチェックを入れれば済む話です。
なんか修正できない場合
カスタムフィールドに値を入れて保存した後に、また修正しようとしても出来ない場合があります。
そういう時は、記事一覧ページからクイック編集を開き、そこで記述を行えば下書き状態で保存できます。
また、Custom Field Templateを使用している場合は、カスタムフィールドの初期化ボタンを押すと、既存の入力内容が全て消えてしまいますが、再度編集可能になります。
あと、functions.phpに不具合が生じている可能性が大なので、それ既成のものに置き換えると治る事もあります。