この記事は最終更新日から2年以上が経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

SQLiteでなんとかWordPressを設置します。
サーバはファーストサーバです。

1.用意するもの
WordPressとSQLite Integrationプラグインをダウンロードしておきます。
2.wp-config.phpの設定
まずはWordPressフォルダにあるwp-config-sample.phpをコピペして、wp-config.phpというファイルを作ります。
作ったwp-config.phpをエディタで開き、55行目あたりから始まる
define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

を削除します。
そののち、https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/を開き、その画面に表示されているコードを全て、先ほど削除した場所へペーストします。

3.SQLite Integrationの設置
1にてダウンロードしたsqlite-integrationフォルダを、wp-content/plugins/へ設置します。
そして、sqlite-integration内部にあるdb.phpを、WordPressフォルダ内のwp-contentディレクトリ直下へ移動します(移動です。コピペではないことに注意)。
4..htaccessの用意
エディタを開き、以下のコードを入力したのち「.htaccess」というファイル名でWordPressフォルダ直下へ配置してください。
php_flag mbstring.encoding_translation off
php_value default_charset "UTF-8"
# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress
5.PHP設定の変更
PHP設定がCGIとなっている場合にはDSOへ変更します。
ファーストサーバの場合には、コンフィグレータ画面にて設定できます。
6.アップロード
普通にFTPツールにてアップロードし、インストールします。