この記事は最終更新日から2年以上が経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

うわさのテンプレートエンジンSlimの使用環境を用意してみます。


まずはパッケージ管理システムHomebrewをインストールします。

1.Xcodeをインストールする
App StoreからXcodeをダウンロードし、インストールします。
2.コマンドライン・デベロッパ・ツールをインストールする
ターミナルを開きxcode-select --installとコマンドを入力します。すると「コマンドを実行するには、コマンドライン・デベロッパ・ツールが必要です。ツールを今すぐインストールしますか?」というメッセージウィンドウが開くので、インストールを選択します。
3.Homebrewをインストールする
次にHomebrew本体をインストールします。ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)"とコマンドを入力します。
インストールが終了したらbrew doctorというコマンドを実行してみてください。ちゃんとHomebrewがインストールされたかチェックされます。

環境が整ったのでRubyをインストールします。

4.RVMをインストールする
ターミナルにて次のコマンドを打ちます。\curl -sSL https://get.rvm.io | bash -s stableちなみにRVMとは複数のバージョンのRubyを共存させることができる管理ツールです。
5.PATH環境変数を指定する
PATH環境変数を指定します。source ~/.bash_profile
6.Ruby 2.1.1をインストールする
Ruby 2.1.1をインストールしてデフォルトに指定します。rvm install ruby-2.1.1 --default
7.PATH環境変数を指定する
PATH環境変数を指定します。source ~/.bash_profile
8.パスを確認する
which ruby

Slimをインストールします。

9.Slimをインストールする
gem install slimこれで/Users/**/.rvm/gems/ruby-2.1.1/gems/slimディレクトリが出来上がりました。

これでSlimを使う準備が完了しました。
実際の使い方はまた次回に紹介したいと思います