この記事は最終更新日から2年以上が経過しており、情報が古くなっている可能性があります。

昔の田舎では、人が死ぬと屋根の一画に穴をあけるという風習がありました。
そして家人が屋根にのぼり、大声で周囲に穴があることを知らせたそうです。
これは死人の魂が空中から家に帰ってくることを願うという意味があったのだそうですが、実際にそうやって生き返った人はいないとの話でした。

制作協力:ぼくのおじいちゃんおばあちゃん